今日中にお金が必要な場面に備えて

突然まとまった現金を用立てなければならなくなったとき、みなさんは何らかの対処法を準備されているでしょうか?

  • 「保険契約があるから、それを解約すれば返戻金で何とかなるはず」
  • 「ブランド品を売れば現金が作れる」

など、いろいろな声が聞こえてきそうですが、確かにこれらも有事の切り札でしょう。

ですが状況が「今日中にお金が必要」となれば、これらは100パーセント確実に、必要な金額を手元に届けてくれるとは言い切れません。

なにより保険の解約には所定の手続きが必要です。保険会社の公式サイト経由での解約手続きも可能ですが、指定口座への返戻金の着金が、解約申請同日中に間に合うかとなれば、非常にハイリスクと判断せざるを得ません。

またブランド品の買取に際しても、買取業者の査定担当者は、顧客の事情を見抜く眼力もプロであり、事情を見抜かれてしまえば結果、安く買い叩かれてしまうリスクが懸念されます。

親兄弟を頼るにせよ、こちらも迅速確実にお金を振り込んでもらえる保証はなく、知人や友人への借金の申し入れは、それまでの良好な人間関係を崩壊させてしまう可能性が見過ごせません。

このように冷静にその手段を検証すると、自ずと残された選択肢が浮上します。面識のない信頼できる第三者機関からの借入、すなわちキャッシングサービスの活用が、最善策と判断されます。

ここでもポイントとなるのが即効性、すなわち「融資申請当日に、確実に入金対応を約束するサービス」の選択です。

幸い今日、複数の消費者金融業者が、即日融資を謳うサービスを提供しており、これらの中から、自身にとってベストマッチと判断できる業者への融資申し込みで、急場を凌ぐ対応が賢明でしょう。

ただしここで注意すべきポイントとして、融資申請のタイミングや、金融機関の営業日時との兼ね合いの確認が見過ごせません。

たとえば午後3時以降の申請、もしくは審査承認となれば、指定口座への着金は最速でも翌日であり、そこに金融機関休業日が絡めば、さらに日数を要してしまいます。

審査にパスしたとしても、肝心の期限内に現金を手にできなければ、無意味な利息を負担しただけの結果となってしまいます。

また過去に延滞などの金融事故を生じさせた履歴や、その時点で多額の借入の残高があり、必要金額の融資が叶わないケースも想定されます。

複数の金融機関は共通の信用調査機関のデータを共有しており、1社での融資が不可と判定された場合、他の業者での融資も難しい可能性が高く、注意が必要です。

キャッシングとなる切り札を、必要なタイミングで確実に駆使できるよう、普段から無用な借入を重ねない、慎重な自己金銭管理が望まれます。

消費者金融の金利を比較する

l_089

消費者金融で利用できるカードローンを利用するときには金利の比較をすることも、どの会社にすればよいかの判断基準となります。

お金を借りるために申し込む相手先のカードローンでは、利息の利率が異なっているためどのような利率になるか不安になる人もいます。

この利率で、比較するときに間違った判断をするのが金利の幅がある会社でカードローンの申し込みをするときには、上限利率または下限利率のどちらかに注目すれば良いか分からない人は注意しなければいけません。

カードローンを利用する時にだれでも考えるのが利息の利率が低い事はとても嬉しいことです。しかし、カードローンを利用する時の利息の利率については、利用する人によって異なっています。

多くの資産を所有している人もお得な利率で利用できることがありますが、最近のカードローンは収入に応じて借り入れ限度額が設定されるので、収入の違いにより適用される利率も異なってきます。

利息の利率の下限金利で判断することは、カードローンをこれから利用する人にとっては間違った判断となります。

カードローンの会社で請求される利息の利率については、新規加入をする人やあまり資産を多く持っていない人にとっては限度額が低くなっており利率も上限の利率に迫る勢いです。

そのためカードローンの利息の利率が下限であっても、その利率で融資を受けることがよほど信用がなければ難しいです。

そこで注目したいのが上限の利率です。初めてカードローンを利用した人や年収の少ない人にとっては利息の利率も高く設定されています。

利用する人のなかには上限の利率で設定されている人もいるので、利息の利率の判断のときには上限の利率で判断することが正しいやり方です。  

お金を借りた日から返済が終了する日まで元金と一緒に払う利息ですが、無利息期間の利用ができるカードローンの場合にはこの期間分だけ利息が無料となります。

総合的に判断をすればこの1ヶ月分だけ利息の請求がないためトータルで利率を判断すると非常に安く借りることができているものです。これはより早く返済することができたは、負担する利息が少なくなります。

このサービスがあることでこちらの会社を利用する人も増えています。カードローンのサービスの中でも非常に魅力となっているのが、無利息期間を適用することができるカードローンとなります。

この無利息のサービスは、どこの金融機関でも行っているわけではありません。その会社のサービスとして実施しているものですが、最近ではいろんな会社で実施しているサービスです。

会社からお金を借りる制度を利用する

金融機関や消費者金融からお金を借りることに抵抗がある人でも、サラリーマンなら会社で従業員貸付制度や社内貸付制度などの福利厚生を導入している会社であれば会社からお金を借りることができます。

この制度は福利厚生の一環として導入している会社であれば、この会社に勤務している正社員が融資を受けることができる制度です。会社によっては、労働組合がこの貸付制度を行っていることもあります。

これらの制度は福利厚生の一環となっており、金利の高い借り入れを行わないように会社が正社員を助ける制度になります。  

従業員貸付制度や社内貸付制度では、ある程度利用目的が自由になっている場合があります。車の購入や住宅融資以外にも急にお金が必要な時に融資を受けることができる制度になっている会社もあります。

これらの制度を利用するメリットは、金利を低く借り入れることができる制度になっています。

金利が低いのは非常に魅力的となっており、会社によっては住宅購入資金にも利用できるので、住宅ローンの金利と比較してどちらかを利用することも可能です。  

正社員が利用できる貸付制度は貸金業法とは関係のない制度になっていますが金利を低くしていることで借りやすくなっています。しかし、気をつけたいのは誰でも一律同じ借り入れ限度額になっているわけではありません。

通常会社は福利厚生の一環として行っているこれらの貸付制度では、勤続年数に応じた借り入れ限度額を設けているのが一般的です。

勤続年数に応じているのは、お金を借りている正社員が退職した場合など会社の正社員に該当しなくなった場合には一括返済を請求する時に退職金で返済してもらうことが可能な範囲内で融資を受けることができる制度になります。  

他の借入先と異なり退職金などで返済することができるため会社で利用できる貸付制度は、勤続年数に応じた限度額を設けていることになります。

しかし、毎月支払う金利を比較すれば非常に低金利で利用できるため、返済終了までの合計を消費者金融と比較すれば金利が安い分返済額も安くなります。  

会社で利用できる貸付制度ですが、借り入れを行う金額によっては連帯保証人が必要になります。多くの借り入れを行う場合には連帯保証人を求められることもあります。

しかし、労働組合が行っている場合や労働組合がしっかりしている場合には民間の保証会社は連帯保証人となることで融資を受けることができます。また、返済期間も一般的な短くなっており、多額の借り入れをしなければ1年又は2年以内の返済が一般的です。

土地を担保にお金を借りることが現在でも可能

nouchi

土地を担保にお金を借りる事は、一般的に考えれば大丈夫な資産状況だといえます。しかし、お金を借りる時に土地を担保にする場合には、気をつけなければいけないことやメリットそしてデメリットがあります。

これらのことを理解して融資を受ける必要があります。  

お金を借りる時に土地を担保にした場合には通常土地の評価額に応じて、融資を受けることができます。この借り入れ方法を利用した場合に土地については抵当権が設定されます。

この抵当権が設定されるとその土地を自由に売買することができなくなるわけではありませんが、売買については制限を受けることがあります。

担保に土地の抵当権があるため返済がスムーズに行われていかないと返済遅滞になり最悪の場合には土地を競売にかけられて土地の資産を失ってしまうことになります。  

現在でも昭和のバブル時代の土地神話ほど有利な融資を受けるわけではありませんが、資産を所有していることで土地の評価額上限まで低金利で融資を受けることができます

土地を担保にしてお金を借りることができるローンは、いくつかあります。サラリーマンの場合にはマイホームの土地を担保に住宅ローンを設定することが一般的です。

法人や個人経営者が利用できる担保の土地に抵当権を設定して事業資金を融資する事業資金ローンがあります。これは事業を行っていく上で必要な資金を借りることになりますが、利用する使途がある程度決まっている融資になります。

新規の機会を購入することや複数の金融機関の借り入れを一本化して利息を減らすために借り換えを行うことや事業資金としてお金を借りるローンがこれに該当します。

利用使途が自由なローンがあります。サラリーマンや個人事業者を対象としている融資ですが、利用する目的が自由になっているため、事業資金だけでなくレジャー資金など自由に利用できるローンとなります。

銀行や信用金庫などの金融機関でも募集に力を入れている融資になります。  

担保に土地を提供して融資を受けるメリットでは、まとまった大きな金額の融資を受けることができしかも金利が低いのが特徴です。

返済期間も長くできるので、機械などを定期的に開会する時にも利用できるメリットがあります。土地の価格が上昇していけば融資限度額も上昇していくメリットがあります。土地を担保に融資を受けるデメリットとしては、消費者金融のように即日融資でも利用できます。

一般的な金融機関の中でも銀行や信用金庫で融資を受けるため審査に通過して融資を受けるまでに時間が必要です。そして返済ができない場合には土地を失うデメリットがあります。

市役所でお金を借りることができる制度

482436

お金が必要になると金融機関で融資を受けるのが一般的な方法です。しかし、収入や資産を所有していないと金融機関では簡単に借りることができないのが現実です。

普段の生活でお金が必要になる時に、金融機関では審査が厳しく申し込むことができない人や申し込むことに躊躇する人は、貸金規正法の改正により増えています。

また、年齢制限で申し込みの審査の時点で断られてしまう人もいます。  

金融機関でお金を借りることができない人のなかには、市役所でお金を借りることができる人もいます。

だれでも自由に市役所を利用してお金を借りられるわけではありませんが、お金を貸してくれる制度があります。それが生活福祉資金制度です。  

市役所で利用できる生活福祉資金制度は、社会福祉制度の1つとして実施している支援制度になります。

実質的には都道府県社会福祉協議会が実施している制度ですが各都道府県にある市町村社会福祉協議会が窓口になっているので、市役所を利用してお金を借りる制度に該当するイメージです。

この支援制度ではお金を貸してくれる制度だけでなく地域の民生委員は実際に行う相談支援もこちらの協議会の活動内容となります。

これらの制度を行う事は経済的な援助を行うだけでなく精神的なメンタル面のサポート体制も行っています。  

市役所の社会福祉評議会が窓口となっている生活福祉資金制度では、4種類の支援制度があり該当することでお金を借りることができる制度です。

この制度は

  1. 総合支援資金
  2. 教育支援資金
  3. 福祉資金
  4. 不動産担保型の生活資金

の4種類になります。  

実際にお金を借りることができる人たちは、低所得世帯に該当する人たちで市民税の非課税に該当する世帯です。

高齢者世帯は、元気な高齢者ではなく日常の生活を過ごす場合に療養や介護のサポートが必要な高年齢の世帯に該当しているもので年齢は65歳以上の世帯になります。

障害者世帯は、身体障害者手帳や精神障害者の保健福祉手帳そして療育手帳の交付を受けている方が対象となっている世帯です。  

これらの世帯でも、失業状態の場合にはハローワークを利用して仕事を探すアドバイスを行ったり現在金融業者から借り入れを行っている場合には債務整理を行ったりするアドバイスを行います。

そのため現在の生活に困っている世帯だからといって審査に簡単に通過するわけではありません

生活保護を受けている世帯になると生活福祉資金制度の両方の支援を受けることが可能ですが失業保険の受給資格がある人や失業保険を受給している人は併用することはできません。

しかし受給資格がない場合には併用することが可能な支援制度です。金利や上限金額については利用する制度や生活している人数により異なりますが、金利は非常に低くなっているのが特徴の支援制度です。

人からお金を借りる際の注意点

jyuyo

たとえば事業の運転資金の補填などが重なり、無担保でお金を借りることができる、金融機関のキャッシングサービスが一時的に使えない状況は、常に頭に置いておくべきシチュエーションです。

ですがこうした状況下に限って、公私を問わず、早急にまとまった現金の調達が必要となるのもまた、経済社会のある意味残酷な一面です。

たとえば質屋の利用など、私物の現金化も視野に入りますが、それでも買取となれば、元来の価値に対する大幅な査定額の目減りが避けられず、結果として大きな損失となってしまいます。

ここで残された選択肢となるのが、人からお金を借りる方法です。

自身を信頼してくれるであろう相手に、借金を申し込むとなれば、やはり大きな抵抗感が否めませんが、綺麗事を言う余裕がない状況となれば、体裁云々で躊躇している場合ではありません。

ここでポイントとなるのが、誰に対して借金を申し込むのか、自身の人間関係を踏まえたうえでの、冷静な判断です。

借金がもたらす人間関係への悪影響を考えれば、やはり最初に思い浮かぶのは肉親でしょう。次に親族が思い浮かびますが、親族間のお金のトラブルは数え切れず、お金は貸してもらえず、両者の関係までがこじれてしまっては本末転倒です。

こうして消去法的に借金を申し込む相手を絞り込んでゆくと、友人や知人など、他人の第三者が残された選択肢として浮上します。

借金を申し込もうと候補にあげた人物は、それなりのお金を持っている存在に他ならず、同じような借金の申し入れを、常に届け続けられている可能性が否めません。

仮に金額的に問題はなくとも、その理由や人としての信用度に納得できなければ、財布を開いてくれることはありません。

お金が必要な事情をキチンと説明し、その理由には整合性が求められると同時に、返済に関しても、自身が確実に遵守できる条件面を自ら準備し、相手に提示する準備が大切です。

個人に借金を申し入れた時点で、その理由はどうあれ、既に合法的な金融機関からは、新たな借り入れができない状況です。こうしたリスクを踏まえ、それでも人からお金を借りるとなれば、これは容易なことではありません。

一般人が相手の人物像だけを見てお金を貸す行為には、大きなリスクが切り離せず、むしろお金を貸してもらえた時点で、人間関係が切れる覚悟を含め、むしろ相手は距離を置いたと判断すべきでしょう。

無事に急場を凌ぎ、約束通り完済したとしても、それまでの良好な人間関係が続けられるとは限りません。

やはり人間関係が絡まない、金融機関の融資サービスを、常に切り札として活用できる状況を保っておく、普段からの金銭管理と経営が重要です。

今日中にお金を作る方法と注意点

125

今日中にお金を作るという作業は、時間との闘いです。

必要となる金額にもよりますが、手元の預貯金その他の動産の現金化など、思いつく限りの方法を駆使から、最長でも24時間以内に現金を用立てる作業は、非常にハードルの高い作業です。

たとえばブランド品を買取専門店に持ち込むにせよ、現地に移動する時間と交通費の発生に加え、こちらの希望通りの査定で買い取ってもらえる保証はありません。

預貯金の切り崩しでその場が凌げればベストですが、後々の日常生活への不安が膨らみます。ならばと親兄弟など、借金をお願いできる相手先に相談するにせよ、限られた時間内に現金を手にすることができるかどうか、すべて相手の都合に委ねる借金となり、リスクが見過ごせません

「今日中にお金を作る」という難題のクリアに際しては、あくまでドライかつ事務的に、契約に基づき即日お金を送金してくれる、第三者からの融資を仰ぐ選択が確実です。

こうした状況に置かれる方々は、今この瞬間も全国各地に大勢いらっしゃいます。事情や理由は十人十色ですが、一刻の猶予もなく「残り何時間以内に現金が必要」という瀬戸際の状態である点だけは共通しています。

消費者金融のスピード融資を謳うキャッシングサービスは、こうした場面でこそ迷わず活用したい、頼もしい切り札と言えるでしょう。

来店の必要はなく、手元のスマホから公式サイトにアクセスすることで、融資申し込みができるだけでなく、迅速な審査から当日中の着金対応など、大袈裟でなく「救いの神」的な力添えで応えてくれます。

ただし利用に際しては、冷静に理解しておくべき注意点が無視できません。融資には所定の審査をパスせねばならず、また審査パスのタイミング次第では、金融機関の営業時間との兼ね合い上、着金反映が翌営業日となるケースも想定されます。

返済計画を熟考せず、取り急ぎ借入を起こしてしまった結果、返済に窮して延滞を生じさせてしまえば、ブラックリストに載ってしまうなど、社会的信用度の失墜が避けられません。

キャッシングサービスの存在と、正しい利用方法をあらかじめ十分理解したうえで、必要最小限の利用を通じ、ピンチを凌ぐ姿勢が望まれます。

手軽にお金を調達できるメリットばかりに意識が向いてしまい、借りたお金は所定の期日内に、利息を添えて返さなければならない、単純なルールを軽視してしまうと、いわゆる「自転車操業」に誘われてしまい兼ねません。