今日中にお金が必要な場面に備えて

突然まとまった現金を用立てなければならなくなったとき、みなさんは何らかの対処法を準備されているでしょうか?

  • 「保険契約があるから、それを解約すれば返戻金で何とかなるはず」
  • 「ブランド品を売れば現金が作れる」

など、いろいろな声が聞こえてきそうですが、確かにこれらも有事の切り札でしょう。

ですが状況が「今日中にお金が必要」となれば、これらは100パーセント確実に、必要な金額を手元に届けてくれるとは言い切れません。

なにより保険の解約には所定の手続きが必要です。保険会社の公式サイト経由での解約手続きも可能ですが、指定口座への返戻金の着金が、解約申請同日中に間に合うかとなれば、非常にハイリスクと判断せざるを得ません。

またブランド品の買取に際しても、買取業者の査定担当者は、顧客の事情を見抜く眼力もプロであり、事情を見抜かれてしまえば結果、安く買い叩かれてしまうリスクが懸念されます。

親兄弟を頼るにせよ、こちらも迅速確実にお金を振り込んでもらえる保証はなく、知人や友人への借金の申し入れは、それまでの良好な人間関係を崩壊させてしまう可能性が見過ごせません。

このように冷静にその手段を検証すると、自ずと残された選択肢が浮上します。面識のない信頼できる第三者機関からの借入、すなわちキャッシングサービスの活用が、最善策と判断されます。

ここでもポイントとなるのが即効性、すなわち「融資申請当日に、確実に入金対応を約束するサービス」の選択です。

幸い今日、複数の消費者金融業者が、即日融資を謳うサービスを提供しており、これらの中から、自身にとってベストマッチと判断できる業者への融資申し込みで、急場を凌ぐ対応が賢明でしょう。

ただしここで注意すべきポイントとして、融資申請のタイミングや、金融機関の営業日時との兼ね合いの確認が見過ごせません。

たとえば午後3時以降の申請、もしくは審査承認となれば、指定口座への着金は最速でも翌日であり、そこに金融機関休業日が絡めば、さらに日数を要してしまいます。

審査にパスしたとしても、肝心の期限内に現金を手にできなければ、無意味な利息を負担しただけの結果となってしまいます。

また過去に延滞などの金融事故を生じさせた履歴や、その時点で多額の借入の残高があり、必要金額の融資が叶わないケースも想定されます。

複数の金融機関は共通の信用調査機関のデータを共有しており、1社での融資が不可と判定された場合、他の業者での融資も難しい可能性が高く、注意が必要です。

キャッシングとなる切り札を、必要なタイミングで確実に駆使できるよう、普段から無用な借入を重ねない、慎重な自己金銭管理が望まれます。