新着情報

 大分日本ポルトガル協会

 設立
  昭和52年10月(1977年10月)

 会員数
  会員58名、顧問6名

 目的
  日本、ポルトガル両国の親善に寄与し、文化及び経済の交流を促進する

 事業
 (1)ポルトガルに対する理解の普及、高揚
 (2)大分とポルトガルの各種親善事業の計画、立案及び実施
 (3)関係諸団体との連絡調整
 (4)その他目的達成に必要な事業



大友氏遺跡体験学習館

「450年前の戦国時代、大友宗麟によって、西洋文化が華開いた大分のまちを楽しく学べる歴史の教室」として、大分市が設置した資料館。大友氏遺跡についてのパネルや出土品、映像を使った展示・解説を行っています。


事務局
大分市企画部文化国際課
国際化推進室
住所
〒870−8504
大分市荷揚町2番31号
TEL
097−537−5719
FAX
097−536−4044
Eメール
oitacias@eagle.ocn.ne.jp
大分とポルトガルとの交流は古く、
16世紀半ば大友宗麟の時代には、
ポルトガル船が盛んに来航し交易が行われ、
府内の地(現在の大分市)に西洋文化が開花しました。
このような歴史的背景があって、1977年10月に
「大分日本ポルトガル協会」は発足しました。
大分日本ポルトガル協会