会社からお金を借りる制度を利用する

金融機関や消費者金融からお金を借りることに抵抗がある人でも、サラリーマンなら会社で従業員貸付制度や社内貸付制度などの福利厚生を導入している会社であれば会社からお金を借りることができます。

この制度は福利厚生の一環として導入している会社であれば、この会社に勤務している正社員が融資を受けることができる制度です。会社によっては、労働組合がこの貸付制度を行っていることもあります。

これらの制度は福利厚生の一環となっており、金利の高い借り入れを行わないように会社が正社員を助ける制度になります。  

従業員貸付制度や社内貸付制度では、ある程度利用目的が自由になっている場合があります。車の購入や住宅融資以外にも急にお金が必要な時に融資を受けることができる制度になっている会社もあります。

これらの制度を利用するメリットは、金利を低く借り入れることができる制度になっています。

金利が低いのは非常に魅力的となっており、会社によっては住宅購入資金にも利用できるので、住宅ローンの金利と比較してどちらかを利用することも可能です。  

正社員が利用できる貸付制度は貸金業法とは関係のない制度になっていますが金利を低くしていることで借りやすくなっています。しかし、気をつけたいのは誰でも一律同じ借り入れ限度額になっているわけではありません。

通常会社は福利厚生の一環として行っているこれらの貸付制度では、勤続年数に応じた借り入れ限度額を設けているのが一般的です。

勤続年数に応じているのは、お金を借りている正社員が退職した場合など会社の正社員に該当しなくなった場合には一括返済を請求する時に退職金で返済してもらうことが可能な範囲内で融資を受けることができる制度になります。  

他の借入先と異なり退職金などで返済することができるため会社で利用できる貸付制度は、勤続年数に応じた限度額を設けていることになります。

しかし、毎月支払う金利を比較すれば非常に低金利で利用できるため、返済終了までの合計を消費者金融と比較すれば金利が安い分返済額も安くなります。  

会社で利用できる貸付制度ですが、借り入れを行う金額によっては連帯保証人が必要になります。多くの借り入れを行う場合には連帯保証人を求められることもあります。

しかし、労働組合が行っている場合や労働組合がしっかりしている場合には民間の保証会社は連帯保証人となることで融資を受けることができます。また、返済期間も一般的な短くなっており、多額の借り入れをしなければ1年又は2年以内の返済が一般的です。