土地を担保にお金を借りることが現在でも可能

nouchi

土地を担保にお金を借りる事は、一般的に考えれば大丈夫な資産状況だといえます。しかし、お金を借りる時に土地を担保にする場合には、気をつけなければいけないことやメリットそしてデメリットがあります。

これらのことを理解して融資を受ける必要があります。  

お金を借りる時に土地を担保にした場合には通常土地の評価額に応じて、融資を受けることができます。この借り入れ方法を利用した場合に土地については抵当権が設定されます。

この抵当権が設定されるとその土地を自由に売買することができなくなるわけではありませんが、売買については制限を受けることがあります。

担保に土地の抵当権があるため返済がスムーズに行われていかないと返済遅滞になり最悪の場合には土地を競売にかけられて土地の資産を失ってしまうことになります。  

現在でも昭和のバブル時代の土地神話ほど有利な融資を受けるわけではありませんが、資産を所有していることで土地の評価額上限まで低金利で融資を受けることができます

土地を担保にしてお金を借りることができるローンは、いくつかあります。サラリーマンの場合にはマイホームの土地を担保に住宅ローンを設定することが一般的です。

法人や個人経営者が利用できる担保の土地に抵当権を設定して事業資金を融資する事業資金ローンがあります。これは事業を行っていく上で必要な資金を借りることになりますが、利用する使途がある程度決まっている融資になります。

新規の機会を購入することや複数の金融機関の借り入れを一本化して利息を減らすために借り換えを行うことや事業資金としてお金を借りるローンがこれに該当します。

利用使途が自由なローンがあります。サラリーマンや個人事業者を対象としている融資ですが、利用する目的が自由になっているため、事業資金だけでなくレジャー資金など自由に利用できるローンとなります。

銀行や信用金庫などの金融機関でも募集に力を入れている融資になります。  

担保に土地を提供して融資を受けるメリットでは、まとまった大きな金額の融資を受けることができしかも金利が低いのが特徴です。

返済期間も長くできるので、機械などを定期的に開会する時にも利用できるメリットがあります。土地の価格が上昇していけば融資限度額も上昇していくメリットがあります。土地を担保に融資を受けるデメリットとしては、消費者金融のように即日融資でも利用できます。

一般的な金融機関の中でも銀行や信用金庫で融資を受けるため審査に通過して融資を受けるまでに時間が必要です。そして返済ができない場合には土地を失うデメリットがあります。