市役所でお金を借りることができる制度

482436

お金が必要になると金融機関で融資を受けるのが一般的な方法です。しかし、収入や資産を所有していないと金融機関では簡単に借りることができないのが現実です。

普段の生活でお金が必要になる時に、金融機関では審査が厳しく申し込むことができない人や申し込むことに躊躇する人は、貸金規正法の改正により増えています。

また、年齢制限で申し込みの審査の時点で断られてしまう人もいます。  

金融機関でお金を借りることができない人のなかには、市役所でお金を借りることができる人もいます。

だれでも自由に市役所を利用してお金を借りられるわけではありませんが、お金を貸してくれる制度があります。それが生活福祉資金制度です。  

市役所で利用できる生活福祉資金制度は、社会福祉制度の1つとして実施している支援制度になります。

実質的には都道府県社会福祉協議会が実施している制度ですが各都道府県にある市町村社会福祉協議会が窓口になっているので、市役所を利用してお金を借りる制度に該当するイメージです。

この支援制度ではお金を貸してくれる制度だけでなく地域の民生委員は実際に行う相談支援もこちらの協議会の活動内容となります。

これらの制度を行う事は経済的な援助を行うだけでなく精神的なメンタル面のサポート体制も行っています。  

市役所の社会福祉評議会が窓口となっている生活福祉資金制度では、4種類の支援制度があり該当することでお金を借りることができる制度です。

この制度は

  1. 総合支援資金
  2. 教育支援資金
  3. 福祉資金
  4. 不動産担保型の生活資金

の4種類になります。  

実際にお金を借りることができる人たちは、低所得世帯に該当する人たちで市民税の非課税に該当する世帯です。

高齢者世帯は、元気な高齢者ではなく日常の生活を過ごす場合に療養や介護のサポートが必要な高年齢の世帯に該当しているもので年齢は65歳以上の世帯になります。

障害者世帯は、身体障害者手帳や精神障害者の保健福祉手帳そして療育手帳の交付を受けている方が対象となっている世帯です。  

これらの世帯でも、失業状態の場合にはハローワークを利用して仕事を探すアドバイスを行ったり現在金融業者から借り入れを行っている場合には債務整理を行ったりするアドバイスを行います。

そのため現在の生活に困っている世帯だからといって審査に簡単に通過するわけではありません

生活保護を受けている世帯になると生活福祉資金制度の両方の支援を受けることが可能ですが失業保険の受給資格がある人や失業保険を受給している人は併用することはできません。

しかし受給資格がない場合には併用することが可能な支援制度です。金利や上限金額については利用する制度や生活している人数により異なりますが、金利は非常に低くなっているのが特徴の支援制度です。